神戸 垂水 女性のためのカイロプラクティック

神戸 女性のためのカイロプラクティック からだのお話

冷え

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *冷えとはなんですか?

 冷え性とは、特定の病名を示すものではなく、身体の特定の部分だけが冷たく、不快に感じられる状態のことで、通常6ヶ月以上続く場合をいいます。

 *冷えの原因について

 “冷え”にはいろいろな原因があります。

① 貧血や低血圧、内臓疾患や機能低下があり、身体全体の血液循環が悪くなっている。
② ダイエットなどによる栄養失調で、身体全体に活力がなくなり温かさが保てない。
③ いつも窮屈な靴、締め付ける服・下着などを着用していて、血液循環を悪くしている。
④ 冷たい物を食べる、飲むことが習慣になっている。 

など

 *たかが冷え性、されど冷え性

 冷えから起こる症状はさまざま。月経痛をはじめ、不眠、便秘、下痢、また血液循環と自律神経は密接な関わりがあります。
 冷えは病気じゃないからと我慢していませんか?

 *カイロプラクティックでは

 いろいろな障害をもたらす“冷え”。カイロプラクティックでは、身体全体のバランスを整え、内臓機能低下を改善していくことにより血液循環をよくしていくので、施術中、あるいは、帰宅後「なんだか身体がポカポカしてきた」と言われる方も少なくありません。
 いくら着込んでも身体が温かくならないという場合、身体の中が冷えてしまい、内臓機能の低下が起こってしまっている可能性があります。
 最近、身体が冷えているなと感じる方は、一度カイロプラクティック施術を受けてみられてはいかがでしょう。
 また、冷えた身体を温めるためにお勧めしたいのが“しょうが湯”。即効性に優れ、身体を中から温めてくれます。

 *ちょっと一息

 最近、当院に来院されている方から「レディースカイロとなっていますが、男性はダメですか?」「男性でも診てもらえる所はありませんか?」という質問を耳にする機会が増えてきました。「当院は、男性の方も来院されていますので、どうぞお越しください」とお答えしています。
 実際来院されている男性にお聞きしますと、“レディースカイロ”ということで、最初は少し気恥ずかしさや遠慮があるようですが。(笑) 
でも、それもつかの間、慣れると普通のカイロプラクティック院のように思えてくるようです。
 今後もさまざまなテーマを取り上げ、年4回、カイロニュースを発行していこうと考えていますので、日頃感じている疑問、ご意見をお聞かせください。

自律神経失調

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *自律神経失調症について

 自律神経には、身体が活動しやすいように働く“交感神経”と内臓や器官をリラックスさせてエネルギーを保存するように働く“副交感神経”に分けられており、この2つの神経は、身体の状況に応じて自動的に調節し合うようになっています。
 自律神経失調症は、内臓や器官に異常があるわけではなく、それを働かせている自律神経の機能が調子を崩しているために、身体のあちこちに症状が出てくる病気です。そのため本人にとってつらい症状があるにもかかわらず、病院で検査を受けても異常なしと言われることが多いのです。
 交感神経と副交感神経は、お互いにバランスをとりながら身体の各器官を正常に機能させているのです。ですから、交感神経と副交感神経の働きのバランスが悪くなると、静かにしている時に、心臓の拍動が速くなったり(動悸)動きたいのに動きになれない(無気力)になったりします。 

 *ストレスが続くと自律神経が乱れる?

 自律神経をコントロールしているのは、脳の“視床下部”という部分です。 視床下部には、人間の生命を維持するために必要な働きをする部分であると同時に、ストレスによって最もダメージを受けやすい部分でもあります。
 例えば、トラブルによる精神的なダメージや過労、過食などによる肉体的ダメージは、視床下部に影響を与えます。そのダメージが蓄積されてしまうと自律神経の働きまで乱れてしまい、その結果、自律神経失調症になるのです。

 *生活のリズムの重要性

 私たちの身体は、本来、日中には交感神経が睡眠をとるべき夜間には副交感神経が優位に働くようになています。ところが、最近では、夜遅くまで仕事をしていたり、テレビを見ていたりする人も多く、こうした自然の身体のリズムに逆らった生活が自律神経のバランスを乱すもとになるのです。長時間のストレスの持続は、人体にとって、かなりの負担となり、やがて症状という病態を発生させ、あなたにとって一番不都合な問題としてその危険状態を知らせることになります。

 *カイロプラクティックでは

 背骨は自律神経の通り道です。脊椎の歪みは、自律神経の妨害を現し、それを正常に並び替える根本的治療は、自律神経の伝達をスムーズにし、交感神経と副交感神経のバランスを整え、症状の回復を早めます。

 *ちょっと一息

 先日、友人から1通のファックスが届きました。そこには、有名私立小学校の入試問題が。「なぜこんなものを・・・。」と思いつつ、いくらんでもわからないわけがないと高をくくっていた私は問題を見て唖然。「わらかない・・・。」結局わからずじまいで問題は机の中に。
 それから数時間、しまい込んでいた入試問題をもう1度やってみることにしました。なぜか今度は、閃きのように答えが出てくるのです。答えがわかると、「なんだそういうこと。」と思えるような内容なのですが、友人がファックスをくれた時、気忙しくしていた私は頭に血が上っていたらしく、冷静に問題を見る余裕がなかったことに気づきました。
 毎日通る道でも、気持ちの違いで目に入る光景が変わることってありませんか?「あれっ、こんな所に花が・・・。」最近、そんな風に思うことがよくあります。毎日通っていても、その花に気づく日と気づかない日、花がとてもきれいに見える日とそうでもない日、それは見ている人間の心のゆとりを繁栄しているのだなぁと心のゆとりの大切さを実感しながら通勤しています。 

肩こり

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

*肩こりの種類について

 肩こりは大きく分けると2つに分けられます。1つは、筋肉が緊張しすぎて硬くなり血行不良を起こすもの、もう1つは、反対に筋肉が緩んでしまい、正常に縮むことができなくなることで血液循環が悪くなることで起こるもの。この2つは、正反対のように思われますが、症状としては同じ“肩こり”なのです。

 *揉む、叩く

 肩こりで来院されている方からの中で、1番多い質問が“揉んだり叩いたりしてもいいですか?”というものです。
 肩がこった時、肩を叩いたり揉んだりすると、その時は心地よくて楽になったような気がしたけど、後で余計にこった気がする、痛みが出たという経験はありませんか?
 なぜ、そのような状態になるのでしょう?例えば、土の上を金づちで叩いたとします。そうすると、土はどうなるでしょう。叩かれることで、どんどん硬くなるか、ひび割れを起こしてしまいます。肩を叩くということは、これと同じなのです。

 *肩こりは治る?

 肩を叩くことで硬くなってしまったり、損傷してしまった筋肉は元に戻らないのでしょうか?人間には、自然治癒力がありますので、新たな刺激がなければ壊れた部分を修復していこうとする作用が働きますのでご安心ください。
 ただし、時間の経過や損傷の程度、肩こりの原因によって、回復に要する時間は異なります。

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、骨や関節の動きを正常にし、内臓の機能(働き)を整えることで、肩こりの原因を取り除き、自然治癒力を高めていきます。また、自律神経を整えることで体がリラックスし、快眠することで、次の日に疲れを残さない効果もあります。
 最近、肩こりがひどいなと思ったら、カイロプラクティック治療を受けてみられてはいかがでしょう。 

 *中国研修報告

 9月5日より15日まで、中国大連医科大学で行われた人体解剖研修に参加しました。今回の研修は図を見ながらの平面的なものではなく、人を立体的に観察するということで、自分の想像していたものと実物との違いを目の当たりにすることも多く、発見の多い研修でした。
 出発前には、朝7時から10時間に及ぶ研修、環境の違いなどから崩す人が多いと言われていた体調も、結局、これといって体調を崩すこともなく、自分の丈夫さ(私って、どこでも生きていけるのだと実感!)をあらためて知ったのでした。(笑)
 今回は、研修目的だったので、観光はほとんどできませんでしたが、唯一、学校が休みの日曜日に、1日だけ観光の日があり、旅の最終日に予定されていた謝恩会に着るためのチャイナドレスをオーダーメイドし、素敵なドレスを作りました。
 謝恩会では、乾杯の音頭をとる大役をまかされ、緊張で舌がもつれてロレロレになり、「垂水弁の乾杯音頭!」とちゃかされながらもなんとか無事お役目を果たすことができ、貴重な体験満載の旅でした。

風邪

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

*風邪ってなあに?

 風邪は、大人で1年に平均4回、子供は7回かかると言われるほどホピュラーな病気のひとつで、正しい名称は“かぜ症候群”といいます。ウイルスが人から人へ感染し、くしゃみ、鼻水、のどの痛み、咳、発熱、頭痛、全身の倦怠感などの症状があらわれるのが特徴です。

 *風邪をひきやすい人、ひきにくい人

 冬になると、空気が乾燥してくるので、ウイルスにも感染する可能性が高くなってきます。しかし、同じ環境にいても、風邪をひきやすい人とひきにくい人があると思いませんか?では、どのような人が風邪をひきやすいのでしょう。
 下記に風邪をひきやすい人の特徴を記しました。一度チェックしてみてください。

 1.手足・おなかなどがよく冷える
 2.不眠、睡眠不足が続いている
 3.栄養が偏っている(外食が多い)
 4.ストレスが多い
 5.口が開いていることが多い(口で呼吸をしている)
 6.生活時間が不規則 など

 当てはまる項目の多い方は、風邪をひきやすい状態になっている可能性があります。

 *風邪を治す自己免疫力

 風邪をひいた時に飲む“かぜ薬”。この薬は、どのような役目をするのでしょう?
 風邪をひくのは、“風邪ウイルス”が原因です。では、薬がウイルスをやっつけてくれるのでしょうか?
 現在では、ウイルスをやっつける薬も開発されてきているようですが、基本的には、風邪薬は、ウイルスより粒子が大きいため、ウイルス内に入り込んでやっつけることはできません。でも、細菌より粒子が小さいため、細菌内に入り込むことはできるので、細菌をなくすことにより、自己免疫力を回復させ、ウイルスと戦うのです。 ということは、ウイルスと戦っているのは“薬”
ではなく、“自己免疫力”なのです。 

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、身体のバランスを整えることで自己免疫力を回復させるので、風邪気味、風邪がなかなか治らない、風邪の治り際に効果を発揮します。高熱が出ている時、症状が重い時は病院にかかることをお勧めしますが、最近よく風邪をひく、なかなか風邪が治らないなどの症状がある方は、カイロプラクティック施術を受けてみてはいかがでしょう。 

 *人生という名の山

 先日、ある患者さんが久しぶりに登山をしてきたという話を聞いて、数年前、オーストラリアにある世界最大の岩と言われる“エアーズロック”に登った時のことを思い出しました。
 せっかく来たのだからと登ったものの、登山とは無縁の私にはなかなか大変。とりあえず、登って行く道しるべはついているけれど、なにせ山ではなく岩なので、途中よじ登らなければならないような所もあり、しかも、その日は、私の体が吹き飛ばされそうなくらいの突風。そんな中、その突風に負けじと登ったのでした。
 友達とおしゃべりを楽しみながら進む人、とにかく誰よりも早く登頂したいと先を急ぐ人、景色を楽しみながら登る人、来た道を振り返りながら進む人、ただひたすら頂上を目指す人、それぞれの個性で登るさまは、その人の生き方を映し出すもののように感じられました。
 あの頃の私は、ただひたすら前だけを見て進んでいった記憶があります。今の私が登ったら、一体、どんな進み方をするのだろう?

花粉症

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

*花粉症とはなんですか?

 人間には、身体の中にほこりや花粉などが入った際、それを異物と判断し、くしゃみや咳をすることでその異物を体外に飛ばし、鼻水・涙などで出そうとする働きがあります。その反応は、本来は正常なのですが、過剰に反応してしまう状態を“花粉症”と言います。

 *どうして花粉症になるの?

 これまで、花粉症は花粉の飛散量やディーゼルエンジンの排気ガスが原因だと考えられてきましたが、最近では「花粉症の原因は“腸”にあり!」という考え方が生まれています。
 アレルギー性鼻炎になると鼻水がたくさん出ます。この時、鼻水や痰を外に出さなければ、鼻水に混じった花粉までもが腸に到達し、大腸から体内に侵入するのです。
 しかし、花粉が腸に達すると必ず花粉症になるのかというとそうではありません。
 腸内が細菌に食い荒らされたり、もしくは腸が弱っていたりすると少量の花粉やほこりなどの刺激にも過剰反応します。ということは、腸内が荒れていなければ、少々花粉が入っても極端なアレルギー反応を起こすことはないのです。

 *花粉症症状の出やすい人はこんな人!

   1.胃腸の腸がよくない            
   2.手足・おなかなどが冷えやすい  
   3.冷たいものをよく摂る     
   4.過労・睡眠不足が続いている         
   5.栄養が偏っている(外食が多い)      
   6.規則的な排便がない
   7.手足・顔などがよくむくむ
    8.疲れやすい
   9.長時間立っているのが苦手
  10.目や喉が乾燥しやすい 
  11.最近、過食傾向がある など

 当てはまる項目の多い方は、花粉症になりやすい状態になっている可能性があります。

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、内臓機能の低下を回復させ、自己免疫力を高めることで、腸内の細菌増殖・花粉に対する過敏な反応を防ぎます。
 ここ最近、急に花粉症になった、また症状がきつくなったと思われる方は腸が荒れている可能性があります。一度カイロプラクティック施術を受けられてはいかがでしょうか。 

 *積み重ね

 “3日坊主”。今までその言葉をいく度耳にしたことでしょう。最近では、3日も続けばいい方じゃないか・・・などと思うようになりつつある私ですが。(笑) そんな日々の中で、なにげなくしていた会話から“積み重ね”の大切さを感じたことがありました。
 ある友人の積み重ねは、“新聞のスクラップ”でした。最初は小難しい読み物としか思えなかった新聞の内容が、いつしか身近に感じるようになり、スクラップし続けた6年という月日が、“自分もやればできるのだ!”と思わせてくれたと言います。そして、その思いは自信につながっているとも。
 また、ある友人の積み重ねは“手話”でした。始めた頃は、「手が思うように動かない、目が回る」と弱気な発言を繰り返していたはずが、数ヶ月の月日が流れ、今では「通訳を頼まれた。」とうれしそうに話す姿を見ていると、見ているこちらも楽しくなるものです。
 彼らは積み重ねることを意識したわけでなく、ただ“やりたい!”“がんばろう!”と思うことを続けた結果、大切なものを手に入れたのかもしれませんね。私にとっての積み重ねとはなんだろう?

筋肉

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *筋肉について

 筋肉は、通常、私たちが“筋肉”と呼ぶ自らの意思で動かすことのできる随意筋と、心筋のように自らの意思ではなく、自律神経によって支配される不随意筋に分けられます。
 随意筋は、骨格(骨)や膜(横隔膜)などに付着しており、伸び縮みすることで関節や身体を動かすことができます。また、体を支える、姿勢を保持するなどの役割も持っています。
 しかし、筋肉の働きが正常でなくなると、痛みや凝りを感じたり、動かそうと思っても動きが制限されたり、逆に動きが不安定になり、身体が支えられなくなることもあります。

 *硬い筋肉が引き起こす症状
①血液循環の悪化→冷え症
 筋肉が硬くなると筋肉内の血管が圧迫され血液が細胞の隅々まで行き渡らなくなります。

②リンパ液循環の悪化→むくみ
 リンパ液は、筋肉の収縮により体をめぐっているため、筋肉が硬くなるとリンパ液の流れが悪くなります。

③関節や骨の動きの制限→腰痛・肩こり
 ほとんどの筋肉は骨についているため、筋肉が硬くなると関節の動きの範囲が制限されることがあります。

④疲労物質の蓄積→倦怠感・疲労感
 筋肉がカチカチであるために、筋肉内の乳酸が排出されず、体内(筋肉内)に蓄積されてしまうために起こります。 

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、骨・関節の動きを正常にし、内臓機能の低下を正常な働きに整えることで筋肉のバランスをとっていきます。体が動かしにくい、動かすと痛むなどの症状がある方は、一度、カイロプラクティック施術を受けられてはいかがでしょうか。 

 *もうひとつの理由

 よく「なぜカイロプラクティックを勉強しようと思ったのですか?」という質問をされます。実は、幼稚園の頃はケーキ屋さん、小学生の頃は、お嫁さん、中学・高校生時代は美容師さんになりたいという夢を持ちながら、気がつくとカイロプラクターになっていたのです。
 勉強嫌いな私にとって、カイロプラクティックや身体の話は、見るもの聞くものすべてが新鮮で、知れば知るほど奥深く、初めて出会った“楽しい!”と思えるものでした。ですから、知らぬ間にカイロプラクティックの虜になっていた・・・と言った方がいいかもしれません。(笑)
 私は子供の頃から身体が大きかったこともあり“健康そう!”と言われますが、私自身も“自分は丈夫!”という自負がありました。というのも小学低学年から始めた水泳がきっかけで、それまでよくひいていた風邪もひかなくなり、風邪をひいても熱が出ないこともあって、小学校から今まで体調不良で欠席・欠勤したことがないというのが私の自慢だったのです。
 そんな私が不覚にもダウンしてしまい、数日間寝込むということがありました。健康でない状態になって、今まで当たり前だった“健康な身体”は、本当はありがたいことなのだということをあらためて知ったのです。
 “健康な私”であること、そして、みなさんが健康でありたいという願いをかなえるためのお手伝いをすることが、私がカイロプラクターである“もうひとつの理由”です。

機能性低血糖

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

*機能性低血糖について

 “機能性低血糖症”という言葉だけを聞くと、なんだか難しい病気のように聞こえますが、実は、私たちの日常大きく関わのある症状を引き起こす原因となっているのが、この“機能性低血糖症”なのです。
 では、機能性低血糖症とはどんなものでしょう?例えば、自動車はガソリンというエネルギー源がなければ走りしません。人間の場合、自動車でいうガソリンにあたるのが糖(グルコース)で、糖が血液に溶け込みエネルギー源となり、筋肉を動かしたり、心臓ポンプ作業をしたり、また呼吸や物を考える作業をすることができるのです。機能性低血糖症とは、エネルギー源である糖(血糖値)の低下によって起こる肩こり・けだるさ・立ちくらみなどの様々な症状のことを言います。 

 *甘い物大好き!なのに低血糖?

 低血糖というのは、糖分の摂取不足だと思っていませんか?実は、低血糖というのは糖分の不足だけではなく、糖分の摂りすぎからも起こるのです。では、なぜ糖分を摂りすぎると血糖値が低下するのでしょう?
 砂糖は、自然の食品に含まれている糖分とは違い、吸収されるのが早いため、いっきに血糖値を上げてしまいます。身体はそれに対応するために血糖値を下げようとインシュリンを分泌し、血液中の糖を細胞内に取り込みます。ですが、血糖の増え方があまりに急激なためにインシュリンを過剰に分泌してしまい、糖を細胞内に取り込みすぎて、今度は血液中の糖が不足する、いわゆる“低血糖”の状態を引き起こしてしまうのです。 

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、骨や関節の動きを正常にし、内蔵機能の低下を回復させ、症状を改善することができます。もしかして・・・と思われる方は一度カイロプラクティック施術を受けてみられてはいかがでしょうか。

 *再会

 最近、のっぺりとしていた私の生活に新しい風を与えてくれる出来事がありました。
 そのきっかけは、中学時代の仲間たちとの再会。中学校を卒業してからの数年は、通学途中に顔を合わせたり、たまには集まったりしていたのですが、それから十数年の月日が流れ、社会人となった私たちにはそれぞれの生活があり、地元にいるのかどうかさえもわからないような状況の中、ある友人とばったり再会したのがきっかけで、再び集まることになったのです。
 久しぶりに会った友人たちと話をすると、当時の暴露話やそれぞれの印象、思い出話はもちろんのこと、中学を卒業してから歩んだそれぞれの道についての話は、意外な共通点を見つけたり、全く知らない世界を垣間見たりと、話せば話すほど興味深く、とても新鮮なものでした。
 また、彼らは遊びの天才!インドアからアウトドアまでなんでもOK。声を掛けるとどこからともなく集まってくる仲間たち。知っている者も知らない者も関係なく参加できる集まり。遊びとなると発揮されるその団結力はすばらしいものです。
 そんな偶然の再会と彼らが与えてくれる新しい出会いが、私の世界観をさらに広げてくれるような気がしています。

腰痛

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

*腰痛について

 肩こりと同様、多くの人が悩む症状のひとつである“腰痛”。一般的には、腰の骨やその周辺に痛みがあることを“腰痛”といい、曲げると痛い反らすと痛い、何もしなくても重だるいなど、その症状には様々なものがあります。

 *どうして腰が痛くなるの?

ひとくちに“腰痛”といっても、その原因は様々で、大きく分けると、骨格の問題・内臓の問題・精神的な問題に分けられます。

1) 骨格の問題
骨や筋肉、靭帯などの障害によるもので、これは、運動不足、不良姿勢、長時間の同じ姿勢による筋肉の過労と緊張、過激な運動などによって起こります.

2) 内臓の問題
内臓の腫瘍や炎症、結石などの疾患と言われるものや機能低下や内臓下垂によるものもあります。内臓機能の低下や下垂といった状態から起こる腰痛は、病院の検査では「異常なし!」と診断されることが多く、異常はないと言われたのに、なかなか治らないという方は、これらの問題があるかもしれません。

3) 精神的な問題
ストレスやうつ状態などが原因で腰痛になることもあります。この場合、痛みの度合いや部位が日によってよく移動します。

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、骨や関節の動きを整え、内臓の機能(働き)の低下を正常にすることで、腰痛の原因を取り除いていきます。病院で検査をしても異常はないと言われたのに、なかなか症状が取れないという方は、一度カイロプラクティック施術を受けてみられてはいかがでしょうか。

 *夢の国

 先日、滋賀の大津で“シャワークライミング”なるもの体験してきました。シャワークライミングとは、簡単にいうと沢登りみたいなものなのですが、これが、なかなか楽しいアドベンチャーだったのです。
 水の中を潜って岩の下をくぐりぬけたり、滝の上から滝壷へ飛び込んだり、丸太橋を渡ったり、木にロープかけてターザンのようにぶら下がったり、倒れた木に乗ってシーソーをしたり・・・。水の音や鳥の声を聞きながら、どんどん沢を登って行くと、ドキドキ、ワクワク、なんだか探検隊の気分です。
 久しぶりに童心に返り、ふと、子供の頃、友達に空き地にあるありの巣ほどの小さな穴に鍵を差し込むと夢の国に行けると言われて、3人くらいでその穴を探したことを思い出しました。夢の国とは、勉強はしなくていいし、お菓子もいっぱい食べられるし、いつまでも遊んでいられる楽園なのです。結局、探している途中で、友達のお母さんに見つかって連れ戻されてしまいましたが、その夢の国になにがなんでも行きたかった私は、「今度は絶対見つけてやる!」と心に誓ったのでした。純粋なんだか単純なんだか・・・。

免疫

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *免疫について

 免疫とは、読んで字のごとく「病気“疫”から免れるためのしくみ」です。これは、体内に侵入してきた病原菌やウイルスのように“非自己(本来、体内にあるべきではないもの)”と認識したものに対し、排除しようと働く作用のことです。 非自己であるウイルスなどが侵入した際には、発熱や咳、下痢・嘔吐・発疹・鼻水・くしゃみなどをしてウイルスに体外に出そうとするのも免疫機能のひとつです。
 また、アレルギー症状も同様で体内に入ってきた花粉やほこりなど、“非自己”を排除しようと鼻水・くしゃみ・涙などで体外に出そうとします。

 *免疫機能が低下している人はこんな人!

   1.風邪をよくひく(なかなか治らない)
   2.手足がよく冷える
   3.季節の変わり目によく体調を崩す
   4.下痢をしやすい
   5.疲れやすい
   6.花粉症やアレルギーがある
   7.起床後すぐは、くしゃみや鼻水が止ま
     らない
   8.よく喉が痛くなる
   9.朝からだるくて何もする気がしない
  10.胃腸の調子がよくない
  11.口内炎やヘルペスがよくできる
  12.目がショボショボする
  13.口臭が気になる
  14.唾液がネバネバしている
  15.鼻水がよく出る
  16.にきびや肌荒れがある
  17.あまり汗をかかない
  18.体温が低い(平熱が36.2℃以下)
  19.肌がカサカサしている など
 
 当てはまる項目の多い方は、免疫機能が低下している可能性があります。

 *カイロプラクティックでは

 免疫機能が低下するには、さまざまな原因がありますが、その1つに、身体のゆがみや疲労、緊張、冷えなどにより、免疫機能の要であるリンパ液の還流が悪くなることが挙げられます。
 カイロプラクティックでは、身体のゆがみを整え、内蔵機能の低下を回復させることで体温上昇緊張を緩和させ、自己免疫力を高めることができます。
 最近、身体がしんどい、風邪がなかなか治らないと思われる方は、一度、カイロプラクティック施術を受けられてはいかがでしょうか。

 *楽しむ

 私は、幼い頃から人より頭ひとつ分大きく、体格もよかったので、周りからはスポーツ万能そうに思われているようなのですが、学生時代は水泳三昧の毎日で、他のスポーツをする機会がなかったため、自分でも何が得意で、何が不得意かもわかりませんが、昔から、リズム感を必要とするダンスやエアロビクスのようなものには苦手意識がありました。
 そんな気持ちから、なかなか踏み出せなかったエアロビクスだったのですが、ある日、なぜか無性にやりたくなって、気まぐれに挑戦してみることにしました。
 初級といえども、今までやったこともなく、初めてのことでカチコチに緊張している私は、みんなの動きについていけず、「やっぱり私には向いてないなぁ。」と思った矢先、知ってか知らずかインストラクターの先生が、「わからない人は、足だけでもいいですよ。回れない人はその場でもOKです!」とサラッと一言。その言葉を聞いてふと心が軽くなった私は、まずは足だけ・・・とマイペースに踊ることに。
 すると楽しいのです。できないなりに一生懸命ついていこうとがんばって、少しでもできるとうれしくて、今度は手をつけてみようとか、回ってみようとか。
 できないのに楽しい、今までそんな経験はありませんでした。できないことが恥ずかしくて、悔しくて、なんでも最初から完璧にやろうと思うあまり、いつの間にか楽しむことを忘れていた自分に気づきました。できる・できないは関係なく、ただ純粋に楽しめることって、探せばきっとたくさんあると思います。それが“好き”ということかもしれませんね。

便秘

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *便秘について

 女性なら、ほとんどの方が1度は経験したことのある便秘。当院でも焼く約半数の方が“便秘”あるいは“便秘気味”と自覚しており、また、最近では、男性や子供でも便秘に悩まされているケースも少なくありません。
 また、自覚がなくても、施術を続けていくうちに、「毎日便通があったので、自分では便秘だと思っていなかったけど、便秘だったかも。」と、便通が正常になって初めて便秘だったと気づく方もあり、“隠れ便秘”さんの存在も見逃せません。

 *便秘ってなあに?

 便秘とは、便が長時間にわたって腸内にとどまり、便中の水分が少なくなることで硬くなり、排便することが困難になる状態のことを言います。
 便秘を決めるには2つの要素があります。1つ目は、排便回数。普通は1日1~2回ですが、2日に1回、3日に1回という方でも、排便後の残便感なければ便秘ではありません。しかし、それが3日を超えると便秘ということになります。
 2つ目は、毎日排便があっても、排便困難であったり、残便感が残るようであれば、これも立派な便秘です。

 *どうして便秘になるの?

 便の多くは、何らんかの理由で大腸が正常に働かなくなり、食べ物が大腸を通るスピードが低下することで水分が必要以上に吸収され、結果として便が硬くなり、便が腸内をスムーズに動くことができなくなることから起こります。
 便秘の原因でい番多いのは“食生活の乱れ”(特に朝食抜き)です。外食の多い方は、食事が偏る傾向が強く、食物繊維や水分などの摂取が不足になりがちです。
 また、運動不足やストレスなどで自律神経がバランスを崩してしまっていると、普段は便秘だけれど、出る時は下痢といった状態になります。
 他には、便意を催しているにも関わらず、我慢してしまう習慣があり、肛門を緊張させてしまっているかもしれません。

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、骨や関節の動きを正常にすることで内臓機能の低下を回復させ、身体をリラックスさせることで、便秘の原因を取り除いていきます。

 *ゆとり

 先日、ふと立ち寄った花屋さんに置いてあった“ジュリアン“の花がとてもかわいくて、思わず手にとって、そのまま買ってしまいました。
 今、玄関の外と中で、かわいらしい花が咲き誇っているのですが、その前を通るとふんわり甘い香りがして、いい気持ちになります。そして、花の“色”が入ることで、部屋の雰囲気が変わるのも不思議なものです。
 そんな花ひとつで変わる環境を楽しんでいる今日この頃ですが、昔、勤めていた頃は、通勤途中の道に咲いている花がきれいだとか、色づいた街路樹をみて「秋だなぁ・・・。」などと思ったことがなかったのです。
 ところが、カイロプラクティックと出会い、この世界に入ろうと決意し、仕事を辞めてから数日たったある日、車を運転していて、街路のつつじに目が止まり、気づくと「わぁ、きれい!」と口に出して言っていたのです。
 通勤で毎日通っていたその道につつじが咲いていることすら気づいていなかった私が、思わず口にした「きれい!」の言葉。言いながら、そう言っている自分に驚いたことを覚えています。今思えば、あれは、心のゆとりを取り戻した瞬間だったような気がします。
 あの時の花の美しさと感動は、今でも私の心に鮮明に残っています。
 みなさんは、最近、どんなことに感動しましたか?

低体温

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *低体温について

 体温は具合が悪い時意外は測らないという方も多いと思いますが、皆さんは、ご自分の平熱がどのくらいかご存知ですか?平熱というのは、午前10時頃に、わきの下で測った体温のことで、女性の場合は、生理開始後から排卵までの約2週間の低温気に測った体温が目安になります。

 人間にとって、理想的な体温は、36.5℃前後と言われています。医学的には、低体温とは、平熱が35℃以下のことですが、これは、かなり危険な状態。一般的には、36.2℃以下であれば低体温の心配があります。

 *低体温になるとどうなるの?

 体温が下がると、新陳代謝が低下するとともに心臓や肝臓、腎臓などの臓器の働きや免疫力が低下することから体調を崩しやすくなります。

 また、新陳代謝をつかさどるホルモンを分泌する“甲状腺”という喉にある部分の機能が低下するとホルモンが不足し、基礎代謝が低下し、体温が下がり、むくんだり、便秘になったり、動作が鈍くなったりすることもあります。

 さらに、体温が下がると精神的活動も低下するので、集中力が低下したり、頭がボーッとしてだるかったり、四六時中眠たかったり、気分が落ち込んだりすることもあります。

 そして、低体温になると血液循環が悪くなるため、本来、血液にとって運ばれるはずの新鮮な酸素も行き渡らず、また、老廃物がうまく排泄できなくなり、肩こり、腰痛、頭痛などが生じやすくなります。

 では、暑がりの人は体温が高いのでしょうか?雪山で遭難した人が、裸でなくなっているのを発見されることがありますが、これは、寒さから身体を守ろうとして、身体の表面に熱が集まるため身体がほてって暑く感じ、衣服を脱いでしまったからなのです。

 ですから、暑がりだし、汗かきだから大丈夫!と思っていても、実は身体の中は冷えているということもありえるのです。手足がほてる・暑がりのぼせる・汗かきなど、いっけん低体温には関係ないと思っていても、実は“隠れ低体温”ということもあります。

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、骨や筋肉のバランスを整え、内臓機能の低下を回復させることで、低体温の原因を取り除いていきます。また、緊張を和らげ、身体をリラックスさせることで血液循環を良好にし、下がってしまった体温を平常に戻します。

 当院では、早期回復と再発防止の意味を含め、食事、生活習慣などの見直しや改善ポインなど、ご自身でできる対応策の指導もしています。もしかして低体温かも?と思われる方は一度カイロプラクティック施術を受けてみられてはいかがでしょうか。

 *秘訣

 「先生は体調悪くなることないのですか?」という質問をよくされます。「もちろん、私も体調を崩すことはありますよ。」と答えると、ちょっと意外・・・というような顔をされることがありますが、それは、みなさんの目に、私が元気そうに映っているということなのだろうと喜ばしく思っています。

 私の元気の秘訣は、月1回、施術を受けていることだと思います。それは、調子がいい悪いに関わらず、健康チェックと予防の意味を含め、施術を受ける。そうすると、自分では、調子がいいと思っていても、意外と調子が崩れかかっていたり「食生活が乱れているのでは?」と指摘されることで、現状を把握・改善できますし、予防措置をとることができます。

 そして、施術を受けた後、身体が軽くなったことで、「ちょっと疲れていたかも。」と気づくことも少なくありません。

 私が思う“健康”というのは、体調を崩さないということではなく、体調を崩して動けなくなってしまう前に、少しでも早い段階で身体の不調に気づけることではないかと思っています。

 みなさんは健康ですか?

睡眠

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *睡眠について

 睡眠には、脳も体も熟睡しているノンレム睡眠と脳は目覚めに近い状態のレム睡眠(夢を見るのはこの状態)との2種類があり、2つの状態は90分ごとに繰り返されています。

 *不眠について

 眠りについての問題で、よく取り上げられるのが“不眠症”。不眠症には、入眠障害(横になっても、なかなか目寝付くことができない)、途中覚醒(睡眠の途中で目が覚める)、早朝覚醒(早朝のまだ暗いうちに目が覚める)、熟眠障害(眠りが浅く、熟眠感がない)などがあります。
 原因は、騒音・高温などの環境によるもの、アルコール・カフェインなど、化学物質の使用によるもの。ストレス・過労・睡眠不足などにより起こる緊張によるもの、ホルモンバランスの乱れによるもの、痛み・かゆみなどの不快によるもの、血液循環不良から起こる冷えによるものなど、さまざまなものが挙げられます。

 *寝酒は不眠に効果あり?

 入眠障害の方から、「寝る前にお酒を飲むと眠りやすいので寝酒はかかせません。」という話を聞きます。たしかに、お酒を飲むと眠たくなりますので、気持ちよく寝付けるかもしれませんが、これは、浅い眠り(レム睡眠)が続いているのにすぎません。そして、問題は眠ってから起こります。
 アルコールが入ると、体はそれを燃やそうとします。その間、肝臓は休まず働かなければなりません。また、アルコールは、利尿作用があるため途中で目が覚める・・・ということも。
 これと同じで、就寝前の飲食も同じです。寝る前に食べ物や飲み物を摂ると、寝ている間に消化活動をしなければならないということになり、身体にも負担がかかりますし、本来、疲労回復のために注ぐエネルギーを消化に注がなければいけなくなりますし、消化しきれずに翌朝にまで残っていることもあります。

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、快眠の妨げとなるさまざまな状態の原因となる緊張、冷え、身体のゆがみなどを骨や筋肉のバランスを整え、内臓の機能の低下を正常にすることで取り除いていきます。

 *裏方

 先日、名古屋で行われた“カイロプラクティック徒手医学学会”にスタッフとして参加してきました。スタッフとしてセミナーに参加するのは初めてで不慣れなことばかり。とにかく、自分に与えられたアナウンスという仕事をしっかりこなすということで精一杯だったのですが、実行委員やスタッフの先生方を見ながら、ふと、昔、幼稚園で働いていた時のことを思い出しました。
 運動会・音楽会・生活発表会、何をするにしても、その計画や準備というのは本当に大変で、多大な時間を費やします。それがあるからこそ、会が順調に進んでいくのです。表舞台は華やかだけれど、裏方の仕事は、決して派手ではなく、それどころかハードな仕事ばかり。トラブルがないように走り回り、不手際があれば頭を下げ、しかしそれを苦とせずパワフルに動き回り、おまけに、不慣れな私にまで気を使って話しかけてくださる先生方を見ながら、それぞれの先生方の中にある“心の大きさ”を感じました。
 気楽に引き受けたものの、アナウンスという仕事にプレッシャーを感じた私は、引き受けたことを後悔する日々でしたが、大会が終わった今は、貴重な体験ができて本当によかったと思っています。

呼吸

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *呼吸について

 呼吸とは、身体に必要な酸素を取り入れ、不必要な二酸化炭素(炭酸ガス)を放出する働きのことです。
 私たちの身体の中では、絶えず複雑な化学反応(代謝)が行われています。その中には、食事中の熱源になる物質と酸素を結びつけ、エネルギーを発生させて、生命活動のエネルギー源にするという代謝活動があります。
 この代謝活動には多くの酸素が必要で、外から取り入れる必要があります。そして、この燃焼ともいえる代謝の結果、大量の二酸化炭素が発生するので、不必要な二酸化炭素は、身体の外へ出していく、これが呼吸の働きです。

 *硬い筋肉が引き起こす症状

 呼吸運動といいますが、運動というからには筋肉があるのかというとそうではありません。食物を入れる胃や腸、血液を入れる心臓や血管の壁は筋肉でできているのですが、空気を入れる肺の壁には筋肉は存在していません。
 では、筋肉のない肺がどのように空気を出し入れしているのでしょう?
 左右の肺が入っている空間を胸郭と呼び、その胸郭は、肋骨によって構成されています。その胸郭を作る肋骨は、左右に12対あり、背中側で背骨とくっつきます。この肋骨と肋骨の間には筋肉(肋間筋)があり、それが肋骨を引き上げたり下げたりすることで呼吸運動がなされます。

 *どうして呼吸が浅くなるの?

 みなさんも経験があると思いますが、緊張すると肩が上がってきますよね。呼吸が浅くなっている人の多くは、緊張や背骨・肋骨のゆがみ、内臓機能の低下など、さまざまな理由で緊張したままの形で固まってしまっていることが多いのです。 この体勢は、息を思いきり吸った時の状態と同じで、このままではうまく息を吐き出すことができません。息を吐き出せていないわけですから、新しい空気が入るスペースがないのです。というわけで、吐き出せないために必然的に吸えなくなる、こうして浅い呼吸になっていくのです。

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、背骨や肋骨の動きを整えることで、胸郭の動きを正常にし、また身体をリラックスさせることで呼吸をスムーズに行えるようにします。
 呼吸が浅くなっているかもしれない・・・と思われる方は、一度カイロプラクティック施術を受けられてみてはいかがでしょうか。

 *卒業

 先日、ひとつの節目を迎えました。さらなる知識と技術の向上を求めてカイロプラクティックの学校に入学したのは、6年前のことでした。長い時間を経て迎えた卒業の日。6年という月日の中には、いろいろなことがありました。
 膨大な数の検査を覚えなければならなかった1年生。何に使うのかもわからない検査器具を手に四苦八苦。今までに使ったことのない頭をフル稼動させながらの毎日でした。
 カイロプラクティックの基礎を学んだ2年生。慣れない手技にああでもないこうでもないと言いながら練習したっけ。
 足や手など、細かい部分の治療を勉強した3年生。これでひととおり基礎ができたと少し自信になったな。治療所を開院したのはこの頃でした。
 臨床的(治療によく使う)なテクニックを習った4~6年生。この頃になると、周りもそれぞれ治療経験も豊富になり、治療に関する相談をしたり、情報交換をしたりして、一緒に勉強してきた友人たちは、いつしかよきライバルであり、アドバイザーになっていました。
 ここに集まる人たちは、みんな情熱的な人ばかり。常に前進し、知識の習得や技術の向上のための努力を惜しまない。そんな底知れパワーの持ち主たちと出会えたこと、そして、切磋琢磨しながらやってこられたことをうれしく思っています。
 この卒業は終着点ではなく、また新たな道の始まり。ここで得た自信を基に、これからは、自分の足で、自分の歩幅で歩いていこうと思っていま
す。

内臓下垂

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *内臓下垂について

 日本人は、もともと穀物やイモ類など、消化に時間のかかるものを食べる習慣があったため、それに対応して欧米人に比べると腸が長く、内臓下垂になりやすいと言われています。
 近年では、無理なダイエットによって、筋肉や脂肪量が減り、内臓下垂になることもあります。

 *内臓下垂ってなあに?

 内臓下垂は、平滑筋という内臓を覆っている筋肉の衰えからくるもの、外部から内臓を支える腹筋などの筋肉の衰えからくるもの、ストレス・過労・緊張などによるもの、骨格のゆがみによるものなどがあります。
 消化吸収は、平滑筋がリズミカルに蠕動運動することで行われています。ところが、やせて筋肉の薄い人は、平滑筋が伸びやすく、押し出す力が弱まるので、食べたものが十分に消化吸収されずにたまり、重みで内臓が垂れ下がりやすくなります。
 運動不足や無理なダイエットなどにより、内臓を支えるはずの腹筋が衰えると、支えることができずに内臓が下がりやすくなることもあります。
 また、ストレスや過労・緊張などが原因で、内臓が下がったり、内臓を収める器である骨盤のゆがみや広がりにより、下垂しやすくなったりします。

 *こんな人は要注意!

 下記に、内臓下垂しやすい人の特徴を記しました。一度、チェックしてみてください。

  1.睡眠不足(不眠状態)が続いている
  2.暴飲暴食をしている
  3.ストレスがたまっている
  4.毎日、忙しく動き回っている
  5.冷たいものをよく摂る
  6.運動不足
  7.外食が多い
  8.お風呂はシャワーで済ませることが多い
  9.甘いものをよく食べる
 10.コーヒー、たばこ、刺激物が好き
 11.夜遅くに食事を摂る
 12.毎日、アルコールを飲まないと、気がすまない など

 チェックが
    0個  問題ありません。このままの調子で。
  1~4個  生活を見直す必要があります。
  5~7個  内臓下垂している可能性大。要改善!
  8個以上  これは大変、即改善!!!

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、身体の緊張を和らげ、骨や筋肉のバランスを整えることで、下垂した内臓を本来あるべき場所に戻し、内蔵機能を回復させます。
 もしかして、内臓が下垂しているかも・・・と思われる方は、一度、カイロプラクティック施術を受けてみられてはいかがでしょうか。

 *長続きのコツ

 万年運動不足の解消と身体の引き締めを目的に一念発起してスポーツクラブに入会したのは、1年数ヶ月前のことでした。今までも何度かスポーツクラブに入会しましたが、行くのは最初の1ヶ月だけで、すぐに退会ということを繰り返していました。今回も何度か挫折しかけましたが、周りのアドバイスや「ジム行ってる?」という声掛けのおかげで、何とか続けることができ、週1回行けるかどうかではありますが、ジム通いが生活のリズムの一部になっています。
 入会した頃は、運動したから・・・ということを口実に、いつも以上に食べ過ぎて体重が増えた事もありました。←私に限らず、よくあるパターンだと思いますが。(笑) 疲れているのに、無理をして体調を崩したこともありました。そんな経過を経ながら、やっと自分のペースで楽しみながら運動をすることができるようになってきたように思います。
 今までと今回の違いは、通うスポーツクラブを変えたこと。環境や雰囲気が私に合っていたことも続けられた理由のひとつだったのでしょう。そう思うと、自分に合った環境を探すことは、何を始めるにしても大切な要素なのかもしれませんね

ストレス

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *ストレスについて

 ストレスには、外側からの攻撃としての外的ストレッサーと、内側から発した感情である内的ストレッサーがあります。外的ストレッサーは、温度・湿度・騒音・化学物質などの物理的ストレスと、飢餓・感染・過労・睡眠不足・外傷などの生理的なものがあり、内的ストレッサーには、精神緊張・不安・恐怖・興奮などの社会的なストレスがあります。

 *ストレスと自律神経の関係

 まず、ストレスを受けた時、最初に身体のどのシステムに支障をきたすのでしょうか?
 ストレスを受けて、最初に支障をきたすのは“神経系”です。神経には、脳や脊髄の中枢神経と、その中枢神経から枝分かれし、臓器や器官を結ぶ末梢神経があります。
 末梢神経の中には、身体の各部を自分の意志で動かすことのできる体性神経と、自分の意志では動かせない自律神経があります。
 この自分の意志では動かせない、脳の命令なしで、心臓や消化器官などを動かしている自律神経が、ストレスを受けると真っ先にバランスを崩すのです。

 *疲れた時に食べたくなる甘い物

 「疲れた時は、甘い物が欲しくなる。」という言葉をよく耳にしますが、これは効果的なのでしょうか?
 疲れた時に甘い物を摂ることは、疲れると休みたくなるのと同じ反応で、甘い物を食べることで副交感神経優位になることから、リラックス方法としては有効です。
 しかし、経験のある方も少なくないとは思いますが、ストレス発散のために物を食べる時は、つい食べ過ぎてしまうのです。食べ過ぎると副交感神経過剰の状態を作りますので、倦怠感・無気力アレルギー症状などを引き起こします。
 くれぐれも食べすぎないように注意して、効果的にストレスを解消しましょう。

 *ストレスをなくす

 なにかと悪者扱いのストレスですが、ストレスをなくせば、健康になれるのでしょうか?
 心身ともに負担をかけるようなストレスは、できる限り少なくした方がよいですが、しかし、ストレスがなければよいというものでもなく、ストレスがなければ、メリハリがなくなり、休みすぎて副交感神経過剰になります。ですから、ストレスをよい刺激として取り入れ、うまく付き合っていくとこが大切ですね。

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、骨格や筋肉のバランスを整え、内臓機能の低下を改善し、自律神経が正常に働くように、交感神経緊張の際は、リラックスできるよう緊張を解除し、副交感神経過剰の際には、交感神経に刺激入れるなど、ストレスと上手に付き合える状態にします。
 調子が悪いなと思われる方は、一度、施術を受られてはいかがでしょうか?

 *天災

 阪神・淡路大震災から10年がたとうとした矢先に起きた新潟の大震災。みなさまのご親戚・ご友人の方々はご無事でしたでしょうか?
 10年前、地震のない地域と思われていたこの地に起こった天災。震災当日、余震の続く中、自分が家に帰ってくるまで、自宅が倒壊しない、家族が無事であるという保証もない状況で、大変不安な思いをしながら出勤したことを思い出します。
 この近辺は、比較的被害の少ない地域ではありましたが、倒壊している家もありましたし、地割れしている所もありました。見たこともない異様に赤い空、ガス臭い中、離れている家族や友人たちの安否を知りたい、知らせたいと公衆電話に長蛇の列。そんな光景が、昨日の事のように思い出されます。
 今年は、記録的な台風上陸により、たくさんの地域の方々が犠牲になり、家族や家や生活が奪われました。毎日、テレビで放映される台風の被害地域や新潟の大震災の光景を見ると、本当に胸が痛みます。少しでも多くの方々が助かりますように、これ以上、被害が広がらないようにと願うばかりです。
 最後になりましたが、被害に遭われた方々には、お見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

頭痛

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *頭痛について

 15歳以上の日本人のうち、3人に1人は繰り返す、または、持続的な頭痛に悩まされています。2004年に定められた頭痛の国際分類では、頭痛を細かく分類していますが、日本人全体では、緊張性頭痛が30%、偏頭痛が8%、群発頭痛が1万人に1人程度みられます。
 緊張性頭痛は、女性の約26%、偏頭痛は、約13%にみられ、男性に比べ、女性の方が多くなっています。男性に多い群発頭痛を除けば、頭痛に悩まされる割合は、女性の方が多いようです。
 また、頭痛は、風邪をひいた時、目や鼻の病気脳内出血によって起こることもあります。

 *鎮痛剤の使用について

 痛みというのは不快なもの。その不快を避けるため、また、頭痛の苦痛を恐れるあまり、痛みがなくて予防のために服用するという方もおられます。
 しかし、飲むうちに1錠だったのもが2錠、2錠が3錠と量を増やさなければ効かなくなり、使用頻度が増えることや、薬漬けになってしまうのではないだろうかと不安を感じられて来院される方も少なくありません。
 痛みは、血流障害によって起こります。これは交感神経(活動の神経)を緊張を伴い、その緩和(血流障害の改善)をしようとする副交感神経(リラックスの神経)の反射作用で痛みが出てきます。痛みは、機能を正常に回復させようとする際に生じる治癒反応なのです。
 薬は、その治癒する作用のプロスタグランジンの合成を抑制し、交感神経刺激反応を誘発します。痛みを消すとともに血流を低下させ、慢性的な痛みの素となるのです。
 もし、本当にくするが痛みの原因を治してくれるものなのであれば、薬の量を増やしたり、使用頻度が増えたりすることはないと思いませんか?
 ですから、長期的に鎮痛剤を服用することはお勧めできません。どうしても我慢できない時に、一時的に使用するのは仕方がありませんが、薬を常用することで慢性の痛みを作らないように、上手に利用してくださいね。

 *カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、身体のバランスを整えることで、不要な緊張を取り除き、頭痛の原因となる血流障害を改善します。
 症状を改善するためには、まず、身体のバランスを整えること、疲れを溜めたり、身体を冷やしたりする生活習慣を見直し、根本的な原因を取り除きましょう。
 寒さが本格的になってきています。寒くなることで身体が緊張することから痛みを誘発しやすくなるので、今のうちに、しっかり体調を整えて、快適な冬を過ごしましょう。

 *新型インフルエンザ

 今年の冬は、新型インフルエンザの流行が心配されています。新型であるため、体内に抗体ができておらず、流行すれば4人に1人が感染するとも言われています。
 体調不良のママ無理をしていると、免疫機能がおちているために、インフルエンザにかかる確率が高くなりますので、体調が悪いと感じたら、無理をせず、暴飲暴食は酒、温かくして、身体を休めるようにしてください。
 また、カイロプラクティックでは、身体のバランスを整えることで、本来身体の中にある免疫機能を最大限に発揮できるように回復させることができます。調子が悪いなと感じたら、早めに体調を整えるようにしましょう。

 ○外から帰ったら、必ず、手洗い・うがいをするようにすることも大切です。  

子供の施術

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

*子供の施術について

 当院は、“女性と小児のための施術所”ということで施術をしていますが、「子供というのは、何歳になったら受けられますか?」「うちの子が○○なのですが、そういう症状でも、カイロプラクティックで改善できますか?」という質問が多いので、今回は、その質問についてお答えします。

 *いくつになったら受けられるの?

 いくつからという制限はありませんので、いつからでも施術可能です。ちなみに、当院での一番小さい患者さんは、3ヶ月の赤ちゃんです。
 お母さん方の話をお聞きすると、生後3ヶ月以降になると、症状(風邪・ぐずり・夜鳴きなど)が気になり始めるようです。

 *適応症は?

 基本的には、大人と同様で、肩こり・頭痛・腰痛・足や膝、股関節の痛み・冷え性などはもちろんのこと、喘息症状・アレルギー症状・風邪・繰り返す中耳炎・夜鳴き・ぐずり・不良姿勢(姿勢が悪い)・チック・顎関節の痛み・食が細いなど、様々な症状が適応です。

 
○実例1.Kくん(5歳)の場合
<症  状> 食が細い。
すぐに風邪をひき、ひくと長引く。
手足が冷たい。
<施術内容> 脊柱のゆがみ、内臓機能(特に腸)
低下を改善
緊張の緩和
<経   過> 週1回のペースで2ヶ月間施術
食欲が増し始め、風邪症状が軽減
風邪をひいて寝込まなくなる。
        ↓
2週間に1回で2ヶ月間施術
顔色もよく、よく笑うようになる。
大きく体調を崩さなくなった。

       ↓

月1回のペースで2ヶ月間施術
特に困ることがなくなったため、経過観察、調子が悪くなった時に来院するということで施術終了。
<保護者談> いつもは昼寝はしないけれど、施術を受けた日は、リラックするのか、家に帰ると昼寝をします。目覚めもよく、日に日に元気になっていく姿が実感できました。

     
 
○Eちゃん(1歳)の場合
<症  状> もともと歩行できていたが、階段から転落。以降立たなくなった。
<施術内容> 足首捻挫を改善
<経   過> 1回のみ施術
施術前は、座り込み、立ちたがらなかったが、施術後、立ってみようとするしぐさが見られる。
捻挫の炎症が完全には引いていない状態であったため、炎症が引いたら痛みが消えることを伝え、経過観察してもらうように指示。
<保護者談> 施術当日は、立とうとするようになったけれど、まだ痛みがあるのか、ぎこちない状態でしたが、翌日には、以前と同様歩き回るようになりました。
             
 

*カイロプラクティックでは

 カイロプラクティックでは、背骨や関節のゆがみを整え、内臓機能の低下、もしくは更新を正常にすることで、体液の循環をよくし、自己免疫力が最大限に発揮できる状態にします。
 特に、新生児や乳児などの場合は、自分の状態や症状をうまく伝えることができず、行動(泣く・ぐずる)やしぐさ(びっこをひく・歩かない・不良姿勢)で示すことが多いので、状態を観察し、おかしいなと思ったら、すばやく対応されることをお勧めします。
 治癒力に関しては、年齢の小さいお子さんほど治癒力は高く、大人よりはるかに早い回復が望めることが多いです。当院にお子さんを連れてこられるお母さん方でも「もっと早く連れてくればよかった。
と言われる方も少なくありません。もし、気になることがおありでしたら、お気軽にご相談ください。

 *プロ

 どんなことにも“プロ”と呼ばれる人がいる。技能のプロ、スポーツのプロ、教えるプロ、遊びのプロなど。プロ意識の高い人からは、専門分野が違っていても学ぶことは多い。
 私が受けているエアロビクスの先生は、洞察力が抜群にすばらしい。踊ることに必死になっていると、つい忘れてしまうのが呼吸。すると、「息吐いて。」という言葉が出てくる。それが、いつも抜群のタイミングなのである。動きについていけていない人もちゃんと把握していて、「足だけでいいですよ。」「回らなくていいですよ。」と声を掛ける。
 そして、踊っている状況を見て、ついていけていない人が多いと察すると、瞬時にして踊りを変える頭の柔軟さ。飽きないように音楽を変え、踊りを変えているけれど、積み重ねることの大切さも忘れていない。そういう言動を見ていると「この人はプロだなぁ。」としみじみ思うし、たくさんのことを学べる。
 開院当初、慣れないことばかりで、不安に押し潰されそうになっていた時「もっとプロ意識を持って仕事しなさい!」と注意されたことがある。
 その時は、何がプロなのか、どうすればプロになれるのかわからなかったけど、今は、プロの意味が少しわかるようになってきた。プロになるためには時間と経験が必要であるということも。
 一般的には、何かをしてお金を稼ぐことをプロと言うけれど、プラス、そこに注ぐ情熱を持っている人を“本物のプロ”と言うのだと思う。
 同じプロを目指すなら、本物のプロを目指したい。

カイロプラクティック

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *カイロプラクティック

 カイロプラクティックは、1895年、アメリカで、D.D.パーマーが「窮屈な姿勢で身をかがめた時に、何かが背中を走るような感じがしてそれっきり耳が聞こえなくなった。」という知人の脊柱を検査していて、脊柱に隆起している椎骨(骨)を見つけ、それを正したところ、17年間聞こえなかった耳が聞こえるようになったことから始まりました。東洋医学と思われている方多いかもしれませんが、実は、アメリカ発祥の自然療法なのです。

 *カイロプラクティックの目的

 カイロプラクティックは、根本療法です。症状そのものに対してではなく、不調の原因となるものに対してアプローチをし、改善することで再発予防にも効果を発揮します。
 また、カイロプラクティックは、身体のバランスを整えることで、自然治癒力・免疫力(本来、人間が時運で自分を癒す力)を向上させます。ですから、自然治癒力・免疫力が働く状態になるまでのお手伝いと考えていただければよいと思います。そこから先は、みなさん自身の治癒力によって癒されていくということになります。

 *バキバキするの?痛くない?

 今まで、他院のカイロプラクティック施術を受けたことがある方の中には、「バキバキしないのですね?」と驚かれる方もありますが、当院ではみなさんが、リラックスした状態で施術が受けられるよう、ソフトな手技によって身体のバランスを整えています。
 人間の身体は、外からの刺激を“危険”と認識した場合、防御反応が作動するため、身体を緊張させることで“危険”から身を守ろうとします。しかし、緊張した状態では、身体を正常に機能する状態に誘導することができないので、“危険”と認識されない、違和感のない力、かつ、ソフトな手技を使って身体の調整を行います。 

 *施術中に眠たくなるのどうして?

 疲労回復や自己治癒、病気から身を守るために必要なリンパ球は、副交感神経によって調節されます。副交感神経は、心身がリラックスした際に優位になる神経のことで、リラックス(副交感神経優位)→リンパ球増加→自己免疫力が働き身体を癒すという構図になっています。
 施術の際に、急に眠たくなった、気がついたら寝ていた、一瞬記憶が飛んでいたという方は、身体のバランスが整うことにより、心身ともにリラックスの状態になっている証拠なのです。ですから、「一瞬寝ただけなのに、身体がすっきり!」と言われる方も多いのです。
 リラックスすると必ず眠たくなるかというと、それだけではありません。リラックスしているけど、眠たくないということもあります。そういう場合は、逆に、頭がすっきりする、目の前が明るくなる、視界が鮮明になったと言われる方もあります。
 半分くらいの方は、施術中にウトウト、またはぐっすり眠られていますが、そうじゃないからといって心配はありません。身体は、リラックスできるようになっているので、施術当日は、夜更かしをせず、ゆっくり寝ていただければ、就寝中に疲労回復、自己治癒が行われ、翌朝には身体がすっきりするでしょう。

 *旅の思い出

 今まで行った旅行の中で、とても印象深いのはオーストラリアの北の端、ダーウィンに、何日もかけなければ回れないくらいの大きさの“カカドゥ国立公園”というのがあって、その公園内を車で数日間旅するツアー。
 電気・ガス・水道はない。お風呂は、滝つぼでトイレは、その辺の茂みに隠れて・・・。食料や飲料水は車に積んでいるけれど、コップに入れると、水はなんか濁っている。もちろん、泊まる所はなく、テント生活なのですが、「夜は、水辺に近づかないでね、ワニが来るから。」という状態。
 その旅の中で、滝つぼ目指して歩いていたら、ガイドさんが「動くな!」と言うので立ち止まると、「ほらっ、ワニ!」と指差したところを見ると、1m越ほどのワニが。仕込んだわけではありません。天然ワニです。(笑)
 実は、滝つぼに行くまでの道には“Danger !(危険)”と書いた看板がいくつも立ててある。しかし、そんなものは無視して滝つぼに向かうのです。
 今、考えると、とんでもなく恐ろしい旅をしていたのだけど、その時は、そういう生活を普通に受け入れていました。
 その後、数週間かけて他の所も旅して、1ヶ月ぶりくらいに友達に会ったら、真顔で「誰?」と言われました。日焼けして真っ黒になっていたし顔つきが変わっていたようで、どうやら野生化していたらしい。
 物のある時代に生まれた私には、ある意味新鮮な旅でしたが、さすがに町に戻ってきた時は、文明の利器のありがたさが身にしみました。(笑)

好転反応

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *好転反応について

 施術を受けられた際、通常は身体が軽やかに感じたり、食欲の増進・抑制というように内臓機能が正常に働くようになったりしますが、まれに、一時的に痛みの増幅、身体のだるさなどを感じることがあり、これを“好転反応”と呼びます。
 症状だけをみると、悪化したように感じられるので、驚きや不安を感じる方も多いのですが、これらの症状は、血液循環や神経の働きが活発になった証拠で、自己免疫力が回復し、今まで体内に溜め込んでいた不要な物を排出(下痢・嘔吐・むかつき・発熱・痛み)する、正常に機能していなかった部分が動き始める(だるさ・痛み・不快感
ために起こる症状なのです。ですから、不要な物を排出する“毒だし期間”と考えていただければよいと思います。
 好転反応は、改善された状態に順応するまでの一時的に起こる症状です。1~3日でなくなりますのでご安心ください。

 *好転反応は必ず出るの?

 好転反応は、施術を受けた方全員に出るものではありませんし、出るからよい、出ないから反応していないというわけではありません。
 疲れやストレス、身体の不調を長期的、かつ、膨大に溜め込んでおられる方は、循環が改善されることにより好転反応が現れやすいですし、微細な変化に反応される敏感な方も好転反応を感じることが多いようです。また、施術当日に、長風呂激しい運動・飲酒など、血液循環をより増幅させることをされますと好転反応が出やすくなります。
 そして、施術を受けて元気になったからと暴飲暴食や夜更かしをして、体調が回復しつつある状態にストップをかけてしまい、頭痛や痛み、疲れがとれなかったということもあります。
 ですから、施術当日は、安静にして、温かいものを食べて、身体を冷やさないように気をつけていつもより早めに就寝するように心掛けてください。

 *好転反応が出た時はどうすればいいの?

 好転反応が出た際、少しだるい程度の症状であれば、できるだけ安静に、ゆっくりお休みいただければ回復してきます。
 発熱の場合、基本的に好転反応出る熱は、微熱程度であることが多いのですが、まれに、風邪のウイルスなどが入っていると高熱が出ることがあります。
 これは、今まで正常に働いていなかった自己免疫力が回復した証拠です。自己免疫力の回復により、身体から不要な物を排出するための発熱ですので、慌てず、悪寒がする時は温める、熱が上がりきって汗が出てきたら、こまめに汗をふき取り着替えをして、汗で身体が冷えないように気をつけましょう。また、汗で出した分、スポーツドリンクや梅干番茶などで水分とナトリウムの補給を行ってください。
 当院に来院されている方の中にも、「施術後に高熱が出た。」と言われる方がいらっしゃいましたが、薬で熱を下げず、回復した自己免疫力を使って乗り越えた方は、「高熱は大変だったけど、高熱を出す前より遥かに体調がよくなった。」と口をそろえておっしゃいます。高熱が続いたり、重症であれば、病院受診や薬を服用することも必要な場合もありますが、様子をみながら経過を観察して、必要な状態かどうかを見極めていただければと思います。
 発熱した場合は2~3日、長くて1週間以内には回復してきますので、この期を逃さず、今までの労をねぎらって、身体をゆっくり休めるようにしてくださいね。

 *肩の力を抜いて

 この夏、ダイビングのライセンス取得のため、講習を受けに行きました。学生時代水泳をしていた私には、泳ぐこと自体は問題ないのですが、呼吸を“レギュレーター”と呼ばれる空気を送ってくる器材に頼るということが怖くて、緊張の連続でした。
 講習1日目は、基本的に足のつく場所で行われていたので、怖くなれば足をつけばよいという余裕があったのですが、2日目の講習は、数十分単位で潜るため、苦しくなってもすぐに水面に出られない。口の中はカラカラ、だんだん怖くなるし息苦しくなってくるし、「早く終わって!」と何度思ったことか・・・。
 その日の午後、講習最後の1本を潜ったのですが、午前中に潜ったことで余裕ができたのか、空気もらくらくに吸えるし、口の中もカラカラじゃない。実は、緊張でツバが出なくなってカラカラになり、それが不安でレギュレーターを強く噛み締めすぎて空気が入ってきにくくなって息苦しかったのです。
 何事に関しても当てはまることですが、今回は命がけだっただけに、肩の力を抜いて、気持ちを落ち着かせ、冷静に対処することの大切さが身をもって体験できてよかったと思います。 

適度

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *適度について

 昨今では、技術の発展とともに、いろいろと便利な世の中になってきました。冷暖房・抗菌・除菌・保温・保湿、様々な分野にわたり、この便利さが役に立ち、快適に過ごすことができる反面、本来持っている能力を衰えさせる可能性を秘めていることをご存知でしょうか?

 *温度調節機能

本来、人間には、36.5℃という体温を保つための恒常性(気温や湿度に応じて一定の体温を保つ)という機能が備わっています。暑い時は、毛穴を広げて(汗を出す)体温を下げ、寒い時は毛穴を縮め(鳥肌)体温が逃げないようにして体温を一定に保つようになっています。
 しかし、最近では、冷暖房や便利な商品(冬は暖房・ホッカイロや電気毛布、夏は、冷房・ジュースやアイスクリーム)の開発・普及により、とても快適に過ごせるようになり、その便利なものに頼ることで、身体の機能が低下している方が多いのも事実です。
 たとえば、ホッカイロや電気毛布。体調が悪い時や寒い所にいなければならない時など、一時的に利用するのは有効ですが、それが常になると、外から温めてくれると身体が判断し、体温低下の原因となることがあるのです。

 *働きすぎ・悩みすぎ・薬の飲みすぎ

働きすぎ・悩みすぎ・薬の飲みすぎは、交感神経(活動時、緊張・興奮している時に働く神経)を過剰に興奮させます。その状態が続くと、血管の過度な収縮から毛杖流が抑えられ、心臓病や高血圧の原因になったり、新陳代謝の低下・痛みやコリ、痺れの症状が出たり、精神的緊張・興奮状態によるイライラ、不眠、食欲減退、もしくは、過食が起こったりします。

 *リラックスのしすぎ

 増加傾向にあるアトピー・喘息・花粉症などのアレルギー症状。これらは、実は、リラックスのしすぎに関係しています。
 リラックスの神経である副交感神経には、リンパ球(免疫力)を増加させる役目がありますが、身体を守るためのリンパ球は、増えるぎると過敏体質を作り出してしまうのです。
 本来、アレルギーは、子供特有の症状でした。というのも、生後4~5日から成長期にかけては副交感神経優位の状態で、リンパ球の多い幼少期や学童期は、アレルギーを起こしやすく、15~20歳に交感神経優位の状態に移行する年頃になるとリンパ球が減少するため、自然に治っていたのです。
 しかし、近年では、運動不足・過食(水分の過剰摂取)・過保護・排気ガスや農薬などの有害物質などによっても副交感神経優位に傾く要素が多いことから、大人になってもアレルギー症状が治らない、また、大人になってから発症するケースが増えました。
 アレルギー症状は、身体に入った異物を排泄しようとする治癒反応です。ですから、反応自体が問題なのではなく、反応が過敏であることが問題なので、薬で押さえ込んでしまうのではなく、交感神経を刺激(適度な運動や活動、過食や過保護をやめるなど)することで、自律神経のバランスを整えるように心掛けるようにしましょう。
 また、副交感神経優位の症状としては、アレルギー症状のほかにも、疲れやすい・気力低下・体重増加・筋力低下による腰痛や関節痛などがあります。

 *カイロプラクティックでは

 当院のカイロプラクティック施術では、身体のバランスを整えるだけでなく、身体の状態から、交感神経過剰なのか、副交感神経過剰なのか、また、生活環境(ストレス・過労・有害物質との関わり)、生活習慣(食生活睡眠・運動・入浴・生活のリズム)に問題がないかなどを皆さんと話し合い、問題点を探り、改善策の提案をさせていただいています。
 身体の持っている機能を最大限有効に発揮し、それを衰えさせないようにする方法を考えることで、症状の改善、再発防止し、より快適な生活を送っていただきたいと思っています。

 *自分で考える

 先日、安保徹先生の講演会に参加しました。安保先生は、ここ数年、“免疫”についての著書をたくさん出版されておりmカイロプラクティック施術の目的である免疫機能の向上という観点からも参考になるので、私も読んで勉強させていただいています。その安保先生が講演会や勉強会をされていると聞いていたので、一度は参加してみたいと思っていたのですが、この度、願いが叶っての参加となりました。
 免疫についてのお話はもちろん勉強になったのですが、一番印象的だったのが、先生の言われた「自分で考えてください。」という言葉。「先生の言われるようにしていたら、本当に治るんですか?」「お肉は食べない方がいいと言われましたが、鶏肉はどうですか?」など、私も聞いていて?と思う質問に対しての先生の回答が「自分で考えてください。」だったのです。
 つい、今の自分は過去の自分が選択を繰り返してきた結果だということを忘れてしまって、人のせいにして怒ったり、だまされたと嘆いたり。そういうことがストレスの原因となっているんだよ、と言われているような気がして、なんだか胸が痛む思いだったのですが、それと同時に“人にやらされている”というのと“自らの決断で自発的にやっている”というのとでは、同じことをしていてもストレスの感じ方も違うし、もしかしたら、結果さえも変えてしまうことがあるかも・・・と思いました。
 自分で考える、当たり前のことだけど、実行するのは難しい。それは、自分を信じていなければできないことなのかもしれませんね。

食事

神戸市垂水区の春名カイロプラクティックのHPにお越しいただきありがとうございます。

 *食について

身体の不調についての主な原因として、過労・ストレス・睡眠・運動不足に並び、食生活があげられます。当院では、施術の際に、食生活について尋ねることがありますが、「そういえば・・・。」と心当たりのある方や「そんなことで?」と驚かれる方、それぞれ反応はありますが、その問題になっている食生活習慣を改善していただくことで再発を防げるケースは多いものです。 
 昔は、現代のような冷凍・冷蔵・保存料などの便利な保存方法がありませんでした。ですから、その時期に採れるものを食すことが当たり前で、それは、身体にとっても理にかなった食事だったのです。
 春は、アクの強い物を食べることで、冬の間にためこんだ脂や不要な物を排出し、夏に向かう準備を、夏は、身体を冷やす食べ物を食べ、おなかの中を冷やすことで、夏の暑さに対応する、秋は根菜を食べ、身体の中を温めて、寒い冬を乗り切る身体を作る準備を、そして、冬は、野菜ができない寒い地域では、冬になる前に、しっかりと太陽の下で干した乾物を食べていました。その季節その土地にあった生活という物があったのです。

 *噛むことの大切さ

 食べ物の話なのに、なぜ”歯”なの?と疑問に思われるかもしれませんが、実は、この”歯”と”食べ物”は、密接な関わりがあります。
 肉食動物の口の中は、犬歯という、鋭いナイフのような役割をする歯でできており、肉を切り裂いて食べます。草食動物は臼歯(きゅうし)という臼型の歯でできており、食べ物をすりつぶして食べます。人間はというと、前歯が8本、犬歯が4本、臼歯が20本という構成になっています。
 人間の場合、犬歯もありますが、割合的に臼歯が多いということから、草食動物と同様、食べ物をすりつぶして食べることが適した身体であるということが言えます。動物性の食物に関して言えば、肉食動物を見ていただいたらよくわかると思いますが、肉を切り裂いて飲み込み、噛み砕かずに飲み込んだ肉は、胃液によって消化されます。
 逆に、穀物になりますと、草食動物のように、とにかくよく噛んで、細かくして胃に送り込む必要があります。それは、穀物が胃液では消化されにくく、唾液によって消化されるものだからなのです。ですから、穀物が主食である私たちも、とにかく、まずよく噛むことが必要となります。

 *夏バテについて

 暑くなってくると、じっとしているだけで汗をかきますね。汗をかいた分、しっかりと水分補給をする必要があります。しかし、エアコンのきいた部屋で、冷蔵庫から出した物に氷を入れて飲むとどうなるでしょう。身体の中は、いっきに冷やされ冷えた身体は、だるさや消化不良を起こし、夏バテのもとになります。 また、冷たい物は口当たりがよいので、必要以上に摂り過ぎてしまうということもあります。ですから、くれぐれも摂り過ぎないように気をつけましょう。
 水分補給ができていなくて脱水症状を起こすということは一般的によく知られていますが、実はナトリウム欠乏による脱水症状というのもあります。これは、たくさん汗をかいた時に、水分だけを補給し場合に起こります。汗は、汗をかいたままほっておくと服に塩がふくことでおわかりのとおり、水分だけでなくナトリウムも含まれています。汗をかいた時は、水分だけではなく、ナトリウムも補給が必要です。
 運動などをする時は、スポーツドリンクなどで補給しても良いと思いますが、糖分もありますし冷たいものなので、摂りすぎると冷えや糖分過剰など、ほかの問題が出てくる可能性もありますので、ナトリウムの摂取は、発酵させた塩分梅干(無添加・天然塩でつけたものが良いでしょう)や、お味噌汁などで補給するようにしてみてくださいね。
 夏バテ気味?身体がだるな・・・という時は、朝一番で、熱いほうじ茶に梅干を入れて飲むと身体がすっきりしますよ。

 *春名レディースカイロプラクティックでは

 当院では、施術によって、身体のバランスを整え、リラックスできる状態にすることで、症状を改善しやすい身体づくり、また、再発防止をするために、原因を知り、それをあらためるために、何をすればよいかなど、その方々の症状、状態に適した食事・生活習慣・運動などのアドバイスをさせていただいております。
 ご不明な点や疑問・不安などがありましたら、遠慮なくお聞きください。 

 *笑うこと

 先日、昇幹夫先生と池川明先生のジョイントセミナーに参加しました。お二人とも、産婦人科の先生なのですが、昇先生は”笑い”について、池川先生は”胎内記憶(おなかにいた時の記憶)”についてのお話で、とても興味深いお話でした。
 昇先生のお話では、笑いで痛みが半減できることや、笑うことで遺伝子を活性化させ、新陳代謝を高めることができるという話、また病気のとらえ方など、いろいろと勉強になりました。
 NK細胞(ナチュラルキラー細胞)という、体内を常にパトロールし、ガン細胞やウイルス感染細胞を発見すると、即座に攻撃を仕掛け、異常な細胞を殺す役割をする細胞があるのですが、その細胞を活性化させるためには、”笑うこと”と”泣くこと”が大切だそうです。

・笑うこと 8×8(はははと笑う)= 64

・泣くこと 4×9(しくしく泣く)= 36

「2つをたして(64+36)=100% 少し笑いの方が多ければOKですよ!わははっ。」と笑う姿が豪快で、話を聞いているだけで元気になるセミナーでした。
 昇先生いわく、元気の秘訣は”非まじめ”だそうです。”不まじめ”じゃありませんよ。(笑)”非まじめ”とは、”まじめ過ぎないこと”だそうです。たしかに、肩の力を抜いたら、いつも見ている光景が違う物に見えたり、新しい発見をすることがあります。”非まじめ”に生きる、それは、自分に優しい生き方とも言えるかもしれませんね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM